転居とともに絶対必要になる手続きに含まれるのが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の申請も、早めに済ませましょう。

転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。

住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を窓口に出し、届を書き、少し待っていれば記載事項の変更ができます。
引っ越しの日取りが大体確定したら、次はぜひ簡単に、自分の引っ越しの日までの、作業プランを作っておくと役に立ちます。

新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。

ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから少しずつ荷造りしていくと作業を段取り良く進められます。引っ越し作業を業者に任せないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであれば荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。

というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、詰め込みやすくするための工夫をします。

大きすぎないダンボールを使って荷造りをしたり、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物の嵩は減り割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。

一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。

就職で都会に出てきてアパートで一人暮らしを始める時、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。

ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、プロの引っ越し業者に頼むより格段に安く済みました。
寝具や生活雑貨は転居先で買おうと思っていました。なので荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。

うちの洗濯機はドラム式で、少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。
引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたのですぐに業者に電話をしました。水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていてそれが流れ出てしまい、誰も気付かないまま運んできてしまった、ということです。
他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので今度からはぜひ気を付けたいです。

引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。
ただ賃貸住宅の場合、退去時に、管理をしている大家さんか管理会社の担当者に取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを問い合わせてみましょう。
管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるので音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。
エアコンをこうして残していける場合は取り外しの工事費がかからなくなり、それなりの節約につながります。

業者に支払う引っ越し費用は、同じ内容の引っ越しを依頼したとしても引っ越す時期によって決まります。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、全国どこでも相場が高くなります。
もしできるなら、繁忙期以外の閑散期に依頼できると相対的にお得な引っ越しができることになります。
業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。

取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、エアコン取り付け工事一台に大体一万円はかかるそうです。

もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は値段はそう高くはならないようですが、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどよく考えてから、判断しましょう。

忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、不要品はどこの世帯からも出ます。

様々なものを処分するのは大変です。

こんな時に朗報があります。

引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。電化製品などは、業者によってはお金を払って処分しなくてはならないものを独自のリサイクルルートに乗せるためただで引き取ってくれることもあるので、引っ越し業者に聞いてみてください。

移転をして住所が変更となった時には、国民年金の居住地の変更届けを出す必至があります。当人が加入者である「国民年金第1号被保険者」の実例は新居住地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。
「国民年金第3号被保険者」の例では、配偶者の勤める事業主に被保険者住所変更届を手渡さなければなりません。快適で安全な住環境を構成しているのは住居内で終わるわけではありません。
近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。
下関市で引越し業者が有名